2019/02/21

Nigel Peake


こんにちは、C & MILLSです。
先日よりインフルエンザで寝込んでおり、やっと体が思うように動くようになったので
このブログをまた書いています。(お医者さんからデスクワークもダメと言われたのですが)

今回は私の大好きなアーティスト、NIGEL PEAKE (ナイジェル ピーク)について。


彼のドローイング集と出会ったのは7年前、イギリス留学中に本屋で見つけたのが最初。
「IN THE CITY」というタイトルのその本は、ビルや道路、橋などCITYに関わる物体を描いたものでした。
一見シンプルなのですが、その色使いと色鉛筆などで描かれたその絵のひとつひとつのきめ細やかさに一目惚れしました。ふと目に留まり、中身を見て速攻レジに持って行ったのを今でも覚えています。

その当時2012年、彼のことを調べようとしてもほとんど情報が無く、
ましてや本人の写真など一切でてきませんでした。
「まだ無名なのかな〜?」と思いながら、いつもデスクに置いてふと開いてはぼーっとその絵を見ていました。

そんな彼が2017年の冬に東京ミッドタウン内のIDEÉにてエキシビジョンを開きました。



上司宛に届いていた招待状をたまたま見た時は本当にびっくり!
上司にお願いして一緒に連れて行ってもらいました。


仕事終わりに駆けつけたので、トークショーは途中からしか聞けませんでしたが、
彼が日常の中で目にするものからインスピレーションを得ていること、
例えばただの白い壁でも影が加わることで色味が何重にも重なって別のものに見える、など、そういう視点を持っていつも見ている風景を見てみると、面白いな〜と思いました。


購入した絵にサインを書いてもらっている風景。
何を2人とも驚いて顔を見合わせているのかもう忘れちゃいました。笑


この時販売された絵は全てにナンバーが書かれており、もちろん「NO.1」が欲しかったのですが、自分が持参した本にサインを書いてもらうこと、Nigelと喋れることに舞い上がっている間にNO.1は気付いた時には他の人の手に渡り、私は NO.3を購入することに。
いえ、でも後悔していません。お喋りできる経験の方が貴重ですから!
サインをしてもらう時、持参したペンを渡そうとすると、
「最近、色鉛筆を使うことにハマっているから」と色鉛筆でサインを書いてくれました。


↑ 初めて絵を買うときの模様。どれも良すぎて結構悩みました。


こちらは本にサインを書いてもらったもの。赤鉛筆で書かれているのが彼のサインです。


そして購入した絵。一生の宝物です。


今ではHERMÉSとコラボしてスカーフを作ったり、
パリのマレにあるYvon Lambert というブックショップでは常設で絵や本が置かれていたり、蔦屋書店などでも見かけたり、国内外で多く目にするようになりましたが、彼の少しシャイで、いい意味での素朴さは変わることなく、これからも素晴らしい作品を多くの場所で目にすることができるのを楽しみにしています。
そしていつかまた絵を買えたらな、と思います。



2019/02/12

Dinner with friends in Paris

今回は先日出張で訪れたパリでのディナーについて書いてみようと思います。



丁度一年前の2018年1月に訪れて以来のパリ。
その時も今回と同じく出張だったのですが、一年前と全く違うのは自分の心の軽さ。

2018年人生史に残るだろうと思えるほどタフな一年だったのですが、
一年のスタートを切った2018年の1月はそんな一年が予感できるくらい、
すでに心身ともに疲れ果てていました(笑)。
その中でパリにいる仕事仲間たちに半ば助けを求めるため、リフレッシュするため、
そんな気分でパリを過ごしたのが一年前。

しかしながら、一年の中で色々と変化はあり、なんとも図太く成長できました(笑)。

そして2019年1月。
行く前からパリにいる友人たちとスケジュールを合わせ、ディナーの日程を組んだりと、
一年前では考えられないくらい朗らかに出張を迎えられました。



冒頭の「パリでのディナーについて書いてみようと思います」と書いてからの余談がかなり長くなりましたが、そろそろスタートします。


出張初日。15時過ぎにシャルル・ド・ゴール空港に到着し、
ホテルに直行。その日は仕事もなく、夜はフリー!!(Yeahhhhhhh)
19:30に待ち合わせしている友人宅へ。


到着してびっくり。パリでこんな広い部屋に住んでるなんて!!!
シェアハウスなのですが、すごい贅沢なつくり。
2階に各プライベートの部屋が4つか5つあり、
各部屋からエッフェル塔も見える抜群のロケーション。

この日私が遊びにくるということで、2人のフランス人の友人たちは
「超フレンチよ!」というチーズ、バゲット、サラダ、キッシュ、そして赤ワインを用意してくれていました。キッシュと食後に出てくるアップルパイはこの家に住んでいるシャーロットの手作り。


彼女たちが日本に来た時には「日本人の文化が知りたい」とのことで

-なぜ日本人は風邪でもないのにマスクをしているのか
-目の前でいきなり鼻をかむのはダメなのか

などなど彼女たちの素朴な疑問に答えていたのですが、
今回はターン変わって「フランスの文化」を教えてもらいました。
色々おしゃべりしていたのですが、中でも
-フランス人って結婚しないの?
のテーマで熱く議論がなされました (笑)。

議論の内容はしょりますが、結果、結婚を選択しない理由は離婚率が高いから。でした。
彼女たちのご両親も、友人たちの親も、知っている人で離婚していない人がいない、とのこと。それもまたすごいですけど。


左側にあるのがシャーロット手作りのアップルパイ。激ウマ

でもフランスで結婚しないという選択が多いのはそれだけパートナーシップ制度が整っているから。私の知り合いも何組かいるのですが、PACS (パックス)という制度があるので、結婚したときとほぼ同じくらいの法的権利などを受けることができるそうです。

PACS = 「同性または異性の成人2名による、共同生活を結ぶために締結される契約」



あれ?なんかしっかりとした事書いちゃっている。なんか話が逸れたような。

と、まあ、真面目な話からフランス人的恋愛話などで爆笑しながらの楽しい夜でした。


なんのテーマだったんだろう?と最後までよく分からなかったですが、
今回はこんな感じで終わります (笑)。

次回もパリのことに関して書こうと思います。多分また食に関してです。

それでは、また。


2019/02/08

Hello again !

こんにちは! お久しぶりです、C & MILLS です。
約1年半ぶりにこのブログを書いています。
先日、オンラインショップのみC & MILLSを再開しましたが、これから少しずつこちらのブログも書いていこうかなと思います。
おそらくマイペースな投稿頻度になるかと思いますが、どうぞ気長にお付き合いくださいませ。

朝起きて、仕事と思っていた日が勘違いで休みだったということに気づき(笑)、コーヒーを飲みながらボーッとしていたところ、ふと「そうだブログ再開しよ!」と思い立ち、久しぶりにこのブログを開きました。
本当に久しぶりに閲覧数などの統計を見てみると、意外にまだ見てくれている方がいるようでびっくり。
ありがとうございます!

さて、1年半ぶりの投稿に何を書こうか、と全く迷うこともなく、先日 オンラインショップでも販売を再開した Petite Passportのご紹介をしようと思います。

オランダ ロッテルダムを拠点に活動している編集者のPauline EggeによってスタートしたPetite Passport。
ファッション雑誌などの編集者としての経歴もある彼女がある時、旅行でパリに行った際、自分の目的にあったガイド本を作りたいと思ったのがきっかけでPetite Passportはスタートしました。
EAT, SHOP, STAYの3項目に分けて、オススメのスポットを紹介し、「そこに行くべき3つの理由」を記載しています。 中身は全て英語ですが、素敵な写真とオシャレスポットを発見できるガイドブックです。


私が日本で初めて取り扱いをスタートした時はAmsterdam、Paris、Barcelona、Berlinのみでしたが、今ではその4都市に加え、NY、Copenhagen、Portugal、Londonが加わりました。しかもどれももうVol.3などアップデートされています。


それでは各ガイドをご覧下さい。
( *各ガイドブックはオンラインショップでご購入頂けます。)

The Paris Guide 003


こちらのParis Guideは先日仕事でパリに行った際にも活用したので、
その模様も載せようかな、と思っています。


The London Guide 002

The Lisbon Guide001


The New York Guide 002


The Berlin Guide 003


The Barcelona Guide 002

The Copenhagen Guide 003

The Amsterdam Guide 003


2016年、こちらのThe Amsterdam Guideを実際に使ってアムステルダムを旅した模様なども
↓↓↓
Amazing time with Pauline from Petite Passport!! (Posted 2016/05/20)

HOTEL DROOG & HUTSPOT (Posted 2016/05/12)



(The photo of 2016)




ガイドブックがオランダから到着した際、Paulineより温かいメッセージが入っていました。以前は「Fukuoka!」だったメッセージが今では「Tokyo!」に。
C & MILLS再開に向けて協力してくれたPaulineに感謝です。ありがとう。


引き続き、商品のことだけでなく、思いついたことを書いていこうと思います!
これからも C & MILLS をどうぞよろしくお願いいたします!





C & MILLS